病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

消化器科

診療の目標・特色

当科では、できる限り短時間で、正確な診断を行い、専門的治療を行うことを目標のひとつにしています。それが人吉、球磨地域の中核病院としての役割であり、使命でもあると考えております。また、当院の理念でもある「全人医療」を提供できるように、また患者さんにとって最良の治療を提供できるように日々の診療を心がけております。また、診断から治療に至るまで、常に外科と密な連携をとりながら診療を行っていることも当院の特色であります。

当院では内視鏡検査および治療に力を入れており、人吉球磨地区のみでなく、県内でも有数の設備と人材を揃えていると考えています。内視鏡検査においては拡大観察可能なスコープを標準仕様とし,加えて狭帯域光(NBI)観察も早期より導入しております。これにより、診断能向上に加えて適切な治療判断が可能になりました。また、治療につきましては食道や胃、大腸病変に対するESD にも取り組んでいます。胆膵内視鏡も検査・診断のみでなく、乳頭切開術(EST)やステント留置術などの治療も施行しております。

食道疾患

食道癌の内視鏡的診断及び治療
通常光による内視鏡観察に加えて、NBI 観察、拡大観察、超 音波内視鏡による評価を行うことで、より精度の高い診断がで きるように心がけています。生検による診断も、病理医との密 な連携を行えることでより臨床に即した診断が行えるように なっています。表在型の早期癌から進行食道癌に至るまで、診 断から治療まで外科と連携しながら内視鏡的切除も含めて診療 しています。

食道静脈瘤の内視鏡的治療
破裂の危険性の高い症例に対して、食道静脈瘤結紮術(EVL) および硬化療法(EIS)を行い予防的に食道静脈瘤破裂を防ぎ ます。もちろん破裂時の出血は生命に関わる状態であり、積極 的に緊急内視鏡および止血術も行なっています。

逆流性食道炎
本邦におけるピロリ菌感染症率の低下とともに、その症例数 は今後ますます増加してくると思われます。最近では、内視鏡 検査にて診断のつかない症候性逆流性食道炎と呼ばれる患者さ んも多く存在することが明らかとなってきました。当院でも積 極的に診断・治療に取り組んでいます。

胃、十二指腸疾患

胃十二指腸潰瘍、出血性胃十二指腸潰瘍の診断、治療
内視鏡的に診断し、治療を行います。活動性出血を認める症 例に対しては積極的に緊急内視鏡を行い、クリップやソフト凝 固法、エタノール局注療法、アルゴンプラズマなどによる止血 術を行っています。

ピロリ菌に対する除菌療法
本邦において,胃潰瘍は7割、十二指腸潰瘍では9割の方に ピロリ菌感染の関与があるとする報告もあります。胃十二指腸 潰瘍を認める場合は各種検査を用いてピロリ菌を同定し、陽性 であれば除菌療法を行っています。現在では初回の除菌療法に 失敗した方のための二次除菌療法が保険適応になり、より多く の方の治療が可能となりました。また、除菌療法を行うことで 再発症例も減少し、非常にメリットの大きい治療となっています。

胃癌の内視鏡的診断及び治療
食道癌と同様、詳細な観察のもとに内視鏡診断を行い、粘 膜内癌と診断される症例に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)を主とした内視鏡治療を行っています。内視鏡的に切 除出来ない症例や、追加切除が必要な症例、外科的切除適応症 例に対しては、切除範囲の診断を行い外科と連携をとり治療方 針を決定しています。

小腸、大腸疾患

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性大腸炎等)の診断治療
潰瘍性大腸炎およびクローン病の疾患罹患数は年々増加して います。当院でも症例数は少ないですが,炎症性腸疾患の診断、 治療を行っています。現在は潰瘍性大腸炎に対してはステロイ ド剤を極力使用せず、免疫調節剤などを用いた寛解導入療法お よび寛解維持療法を行っています。  クローン病に関しても、ステロイド剤を極力使用しない方針 で、抗TNF α抗体を用いた治療を中心に取り組んでいます。

大腸ポリープ、大腸癌の内視鏡的診断及び治療
当院では苦痛のない内視鏡挿入法を実践しています。観察・治療においては、拡大内視鏡を用いて腫瘍の表面構造を観察し(通常約80倍程度まで拡大観察可能)、性状を判断しています。必要であれば内視鏡的に粘膜切除術を行っています。外科で手術を要する症例などは、外科および放射線科との連携のもとに、下部内視鏡検査に引き続きCT-colonography検査も施行しています。

胆道系疾患の診断・治療

急性胆管炎の場合はその重篤度に応じて緊急的に内視鏡的逆行 性胆管ドレナージ術(ERBD)を行っています。総胆管結石を有 する方においては、内視鏡的乳頭切開術(EST)を施行し、結石 を除去します。  胆嚢炎・胆管炎などで、ドレナージ術を施行し、炎症改善後に 治療(EST、採石)するニ期的な方法を標準とする施設もありま すが、当院では可能な限り一期的に処置を行う方針としておりま す。また急性胆嚢炎についても、外科と連携をとりながら診療を 行っています。

肝疾患

肝炎の診断と治療
C型慢性肝炎やB型慢性肝炎を中心として、現在は隔週金曜日に熊本大学消化器内科からの肝臓専門医による肝臓外来を行っています。肝臓癌については、外科、放射線科と連携をと りながら診療を行っています。

当院の特色について

当院は県内でも有数の内視鏡設備を有していると自負しております。通常用いている下部内視鏡スコープはすべて拡大機能を有しており、詳細な観察・診断が可能となっております。上部内視鏡も拡大機能を有したスコープを常備しています。拡大内視鏡とは通常倍率から約80 倍までの拡大観察ができる内視鏡のことです。拡大内視鏡を用いることにより、より詳細な表面構造の観察を行うことができます。従来の生検による診断では、病理検査の結果までに1~2週間の時間が必要でした。しかし、拡大内視鏡を用いると検査時にその場で組織検査することなく表面構造を観察しただけで高確率の診断が可能となります。上部内視鏡においても、拡大観察を併用することでより詳細な病変の性状や範囲の診断が可能となりました。このような観察のみでなく、ESD(Endoscopic Submucosal Dissection,内視鏡的粘膜下層剥離術)をはじめとした内視鏡治療も積極的に行っております。平成25 年度秋には、病院建て替えに伴う内視鏡室の改修も終了しました。また、内視鏡システムもオリンパス社製の最新システムに更新し、患者・医療者ともにより良好な環境で検査から治療まで行えるような態勢が整っております。

学会や研究会への参加・発表も積極的に行っています。論文も平成22 年度は「胃と腸」に2 編掲載、平成24 年度には「胃と腸」に1 編掲載されました。

主な検査医療機器

上部消化管(拡大)内視鏡、下部消化管(拡大)内視鏡、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、超音波内視鏡、体外式腹部超音波、
CT、MRI、MRCP

症例数

症例数(件) 平成24年 平成25年 平成26年
腹部エコー 1820 2026 2033
上部内視鏡 1817 1744 1818
上部ESD(EMR) 30 33 36
食道静脈瘤硬化療法 16 21 7
大腸内視鏡 987 1134 1182
大腸EMR(EMR) 68 104 154
ERCP 77 96 94
胃瘻造設術 46 18 19

 スタッフ

西村 淳(医員)
[専  門]消化器内科
[所属学会]日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
高野 理恵子(医員)
[専  門]消化器科一般
[所属学会]日本内科学会(認定医・専門医)
日本消化器病学会(専門医)
日本消化器内視鏡学会(専門医)
立山 雅邦(非常勤)(熊本大学・消化器内科)
【専  門】肝炎 肝癌
【所属学会】日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
吉丸 洋子(非常勤)(熊本大学・消化器内科)
【専  門】肝臓一般

topページの一番上へ


消化器科 外科

診療の特色

近年は高齢者、高リスクの手術症例が多くなっており、一方では医療の質、安全性がますます重要視されてきています。私たちはその患者さんにあった治療の検討、手術適応、術式について詳細な術前検討を行い、患者さん、またそのご家族に対し十分な説明と同意のもとに適切な手術、厳格な術後管理を行い外科治療の質の向上に努めています。

食道癌に対しては内視鏡治療、胸腔・腹腔鏡も含めた手術、化学放射線治療などを組み合わせた集学的治療にて成績の向上をはかっています。

胃癌および大腸癌はガイドラインに基づいた標準治療を基本としています。ごく早期の癌は内視鏡治療、また可能な限り患者さんに負担が少ないように低侵襲な腹腔鏡手術を積極的取り入れています。進行度によっては最新の化学療法を取り入れております。

肝臓癌には肝切除術、肝動注、ラジオ波焼灼術、経皮的エタノール注入療法(PEIT) などを組み合わせた集学的治療を行っております。膵臓癌、胆道癌は比較的大きな手術となりますが、根治的な手術を多く、安全に行っております。

緩和医療の考えを取り入れ、末期癌患者さんの対しては生活の質の向上を目的とする胃瘻腸瘻造設術、シャント(腹水、胸水)、バイパス手術なども積極的に行っています。

胆石症の手術としては平成3年に(熊本県で2 番目)腹腔鏡下胆嚢摘出術を開始、年間約50例の手術を行っています。成人の鼡径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、急性虫垂炎にも積極的に腹腔鏡を取り入れ、また小児の鼡径ヘルニアは日帰り手術を行っています。

また上記の手術だけでなく、内視鏡検査・治療、超音波ガイド下によるドレナージといった処置、抗癌剤治療、緩和治療、救急患者さんへの対応と幅広く診療を行っています。

(認定施設)

日本外科学会、日本消化器外科学会の関連施設となっています。

(研究会)

最新医療研究会、消化器カンファレンス(隔月第2木曜日)、人吉球磨二次医療圏フォーラム、救急カンファレンス、病理カンファレンス、CPC など開いています。

主な検査医療機器

アルゴンビームコアグレーター、腹腔鏡、胸腔鏡、新しい痔の手術(PPH)、
ラジオ波焼灼装置、超音波凝固切開装置(ハーモニックスカルペル)、
CUSA、Liga Sure、パワースター、甲状腺、
乳腺超音波ガイド下穿刺吸引細胞診(ピストル吸引器)ならびに組織診(エースカット針)、
手術後肺塞栓予防の術中下肢マッサージ機、マンモトーム、
マンモグラフィー(マンモトーム対応ステレオ撮影可)、
拡大内視鏡を含む最新の電子内視鏡システムなど。

平成27年 手術実績
部位 術式 総件数 鏡視下件数
胃・十二指腸 胃全摘術(噴門側胃切除) 10 1
胃切除術 19 7
胃部分切除 3 1
胃縫合術(大網充填・被覆術を含む) 2 0
その他 7 0
合計 41 9
小腸・結腸 小腸、回盲部、結腸部分切除術(悪性) 30 9
結腸半切除術 12 4
小腸、結腸部分切除術(良性 22 3
虫垂切除術 26 22
腸閉塞手術(腸管切除を伴う) 1 0
腸瘻造設・閉鎖術(腸管切除なし) 11 0
腸瘻造設・閉鎖術(腸管切除あり) 9 0
その他 9 0
合計 120 38
直腸・肛門 低位前方切除術 11 8
高位前方切除術 7 1
直腸切断術(悪性) 5 1
Hartmann手術 5 0
直腸脱手術(経肛門的)  経会陰 5 0
経肛門的直腸腫瘍摘出術 5 0
直腸・肛門悪性腫瘍切除術(経肛門的) 1 0
痔核切除術 5 0
痔瘻根治術 1 0
合計 45 10
肝切除術(外側区域を除く区域以上) 2 0
肝外側区域切除 1 0
肝部分切除 10 1
肝凝固壊死療法術(経皮的手技を除く) 1 1
その他 3 0
合計 17 2
胆管悪性腫瘍手術 2 0
胆嚢悪性腫瘍手術(単純胆摘を除く) 2 0
胆嚢摘出術 59 52
胆管切開切石術 3 0
胆道バイパス術 1 0
合計 67 52
膵頭十二指腸切除術 7 0
膵部分切除術 1 0
合計 8 0
脾摘術 3 3
合計 3 3
その他 腹部・鼠径ヘルニア手術 78 55
限局性腹腔膿瘍手術 1 0
試験開腹術 6 1
急性汎発性腹膜炎手術 9 0
腹壁ヘルニア手術 5 5
腹壁ヘルニア手術 2 0
合計 101 61
総計 402 175

スタッフ(医師)

木村 正美(院長)
医学博士
[専  門]一般外科 癌化学療法 消化器外科 腫瘍
外科 乳癌 肺癌
[所属学会]日本外科学会(認定医、専門医、指導医)
日本消化器外科学会(認定医、専門医、指
導医、消化器がん外科治療認定医)
日本乳癌学会(認定医)
日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)
日本臨床外科学会(評議員)
日本癌治療学会
日本甲状腺外科学会(評議員)
医療マネジメント学会(評議員)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医、
暫定教育医)
日本肝胆膵外科学会(評議員)
日本ACS 学会(評議員)
熊本大学医学部消化器外科臨床教授
F・A・C・S(米国外科専門医会フェロー)
ACS(米国外科学会)日本支部
マンモグラフィ読影認定医
日本外傷学会
日本救急医学会
日本プライマリ・ケア連合学会

下川 恭弘( 副院長・血管呼吸器外科部長・救急救命センター長)

医学博士
[専  門]一般外科 心臓血管外科 呼吸器外科
[所属学会]日本外科学会(認定医 専門医)
日本胸部外科学会(認定医)
日本心臓血管外科学会
日本血管外科学会
日本呼吸器外科学会
日本臨床外科学会
日本臨床医学会
日本禁煙学会(認定指導者)
マンモグラフィ読影認定医
西村 卓祐(緩和・在宅医療センター長・乳腺・甲状腺外科部長)
医学博士
[専  門] 消化器外科 IVR(血管造影治療、肝臓癌)
乳癌
[所属学会]日本外科学会(認定医、専門医)
日本消化器外科学会(認定医、専門医)
日本消化器病学会
日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)
日本腹部救急医学会
日本乳癌学会(認定医)
日本緩和医療学会
マンモグラフィ読影認定医
杉山 眞一(消化器外科部長)
[専  門]肝胆膵外科
[所属学会]日本外科学会(指導医、専門医)
日本消化器外科学会(指導医、専門医)
日本消化器がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会(評議員)
日本肝臓学会
日本胆道学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
田中 秀幸(内視鏡外科部長)
[専  門]鏡視下手術
[所属学会]日本外科学会(専門医)
日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)
日本内視鏡外科学会(評議員、技術認定医(胃))
日本胃癌学会
国際胃癌学会(IGCA)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
日本臨床外科学会
田浦 尚宏(救急・総合診療部長)
[専  門]消化器外科
[所属学会]日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本臨床外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会
日本救急医学会
日本肝胆膵外科学会
日本プライマリ・ケア連合学会(指導医)
岡留 一雄(医員)
[専  門] 一般外科
[所属学会]日本外科学会
日本消化器外科学会
内視鏡外科学会
日本消化器病学会
日本癌治療学会
日本胃癌学会

スタッフ(認定看護師)

がん化学療法認定看護師 矢立 雅章

皮膚・排泄ケア認定看護師 重富 香  宮原 ひろみ
PageTop