病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

病理診断センター

診療の特色

検査科病理、病理医、細胞検査士の存在が医療の現場で表面に出 ることは殆どありませんが、病理は医療の基礎を陰で支える重要な部門です。医療に造詣の深い識者から「病理医は医療現場の裁判官」 と称され、「病院の質は病理を見れば分かる」と評価される所以です。

当院では常勤病理専門医1名と臨床検査技師4名と共に病理組織診断、細胞診、病理解剖などの業務を行っています。しかしながら、人体に関する病理組織診断の対象は非常に広い範囲に渡ります。医療の質と正確性を確保すべく、外部の病理専門医の意見を聞くことにより、正確な診断を得て治療に寄与するように努めております。

検査病理の主な病理業務の簡単な紹介

①病理組織検
患者さんから採取された組織検体を顕微鏡で診断する。

例えば、内視鏡検査で採取された組織に関して胃がん、大腸が ん、肺がん等の診断を行います。その病理組織診断の内容がそ の後の治療を大きく左右しますので、正しい病理組織診断を行 うことが治療の前提です。

→「病院の質は病理部を見れば分かる」という理由
②術中迅速診断
手術方法に影響するような組織診断を手術中に迅 速に行う。

例えば、肉眼では判断できない断端に腫瘍細胞が無いことを顕 微鏡で診断して、縮小手術による癌組織の完全切除を保障する。
③細胞診
非観血的検査手法であり喀痰,尿,婦人科検体における がん細胞の有無を診断する。

例えば、血を見ること無い非侵襲的検査として肺がん、膀胱がん、子宮がんを診断する。
④術中細胞診
:手術中、主に腹水や胸水中の腫瘍細胞の有無を判定
し、その後の治療選択にする。
例えば、腫瘍細胞が存在する場合に即座、あるいは術後に化学
療法を行う。
⑤病理解剖
死因,病気の進展具合,治療効果の有無などを判断する。

例えば、腫瘍の臨床診断の正当性や臨床医による治療の合否について、学問的に公平な立場から論じて判定する。

→「病理医は医療現場の裁判官」と称される理由

 

【症例数・治療成績】

平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
病理組織検査数 1495 1695 1603 1678 1847
細胞診件数 4156 4592 4898 5459 5901
病理解剖件数 4 5 1 1 1
 

スタッフ

佐藤 敏美(センター長)
医学博士
[専  門]人体病理
[所属学会]日本病理学会(認定病理専門医、学術評議員)
日本臨床細胞診学会(認定細胞診専門医、細胞診指導医)
日本癌学会
熊本大学医学部臨床教授(病理学)
慶應義塾大学医学部助教
PageTop