病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

脳神経外科

診療の目標

迅速な診断と人に優しい適切な治療

診療の特色

(脳卒中)

*脳梗塞、脳出血
急性期治療を行い、なるべく早期よりリハビリを開始し、紹介元の病院へ転院をお願いしています。
*くも膜下出血
搬入後状態により緊急で血管造影検査、手術をスムーズに施行できる体制を整えています。

(頭部外傷)

特に多発外傷の例が多く、当院整形外科、外科のスタッフとともに協力し緊急対応を行っています。

(脳腫瘍)

当院で対応できる治療は、当院で施行しています。但し手術に長時間を余儀なくされ術中のモニターや術後の管理に多くの注意を要するような症例は、熊本大学病院脳神経外科にお願いしています。術後安定した後、当院へ転院、リハビリや維持療法を行っています。
また、症例によりガンマナイフなどの放射線療法を紹介しています。

(機能的脳神経疾患)

片側顔面麻痺、三叉神経痛に対する神経血管減圧術を行っています。

(小児脳神経疾患)

先天性水頭症、二分脊椎など。
領域に関しては、適宜熊本大学病院脳神経外科及び熊本市民病院脳神経外科と連絡をとりながら治療方針をたて、より良い方法をとっています。

(外来)

神経内科的疾患の患者様:パーキンソン病院をはじめとする運動異常症の症例は、内科的治療で困難な場合、外科的治療の見極めを行った後、熊本大学病院脳神経外科に定位脳手術の治療を依頼しています。その他、神経内科的疾患の変性、脱髄疾患の方々のfollow を熊本大学病院神経内科及び熊本労災病院神経内科と相談しながら行っています。
予防医療センターでの脳ドックを通して、脳卒中の予防についても力を入れています。

(地域連携)

地域の先生方と病診連携を密に図ってまいりたいと思います。
最近では人吉・球磨地域においても熊本版脳卒中地域連携パスの運用を開始しております。
さらに地域連携を強化し、脳卒中地域連携ネットワークの構築ができればと思っております。

主な検査機器

CT, MRIにより特に脳梗塞超急性期の診断にとってより迅速、詳細な情報が得られる。
ヘリカルCTによる、3次元脳血管撮影により脳動脈瘤、閉塞病変の同定が可能。
脳血管撮影(DSA, conventional)。

平成27年 手術実績

手術 件数
脳動脈瘤頚部クリッピング 20
開頭血腫除去術 8
穿頭血腫除去術 50
開頭腫瘍摘出術 3
頚動脈内膜剥離術 1
定位的血腫除去術 1
LPシャント 1
その他 4
96
 

スタッフ

山本 恵三(部長・救急診療部長)
医学博士
[専  門]脳神経外科全般
[所属学会]日本脳神経外科学会(専門医)
松浦 任(医員)
[専  門]脳神経外科全般
[所属学会]日本脳神経外科学会

 

神経内科

平成23年4月より熊本大学神経内科医師の診療日が、毎週金曜日に変更となりました。人吉・球磨地方の総合病院として近隣の診療所、病院の先生方と協力・連携をさせていただきながら、診療に取り組んでいます。

神経内科では、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの変性疾患、アルツハイマー病などの認知障害、脳梗塞などの脳血管障害、頭痛・しびれなどの神経疾患全般にわたり診療を行っております。熊本大学神経内科非常勤の医師1名で外来診療を行っています。

その他 詳しいご連絡先

人吉医療センター 予約センター
(紹介状有り) Tel:0966−22−1900
(紹介状無し) Tel:0966−22−7878

スタッフ

内野 克尚(非常勤)
[専  門]神経内科全般
[所属学会]日本神経学会
神経治療学会
日本遺伝子治療学会
日本内科学会(認定医)
PageTop