病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
感染管理指針
医療安全管理指針
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

画像検査予約

当院は、高度医療機器の共同利用を推進する為に、各種画像診断検査の予約を承っております。
各検査の申込書をダウンロード頂き、お電話にてご予約ください。
多くの方のご利用をお待ちしております。

(注)この予約は、医療機関からのみ受け付けております。
(一般の方の予約は受け付けておりません。予約が必要な患者さんはかかりつけの医療機関にご相談ください。)

◆ CT   ◆ MRI   ◆ PET/CT   ◆ RI


CTについて

当院では、2017年4 月 3 日よりGE社製の最新型 256 列CT装置である「Revolution CT」を稼働開始しております。 従来のCT装置と比べ、格段に進歩した高速かつ低被ばく撮影により、息を止めるのが困難な場合や、 じっとしていられない小児の撮影にも対応することが可能となります。
また、バージョンアップを行い、デュアルエナジー CT も撮影可能です。デュアルエナジー CT とは、管電圧の異なる 2 種類の X 線で CT を撮影する技術です。

①     物質弁別画像(物質毎の情報)・・・通常の CT ではわからない物質の種類・情報が得られ 高い確信度の診断、治療方針 / 効果判定が可能となります。

②   仮想単純 CT 画像・・・通常単純撮影を行いその後、造影剤を注入し造影撮影 を行うのですが、造影撮影のみで仮想の単純撮影を表示 することができ、無駄な撮影をせず被ばく低減、検査時 間の短縮が可能です

③   仮想単色 X 線画像・・・造影剤コントラストを強調することができます。つまり造影剤を減量して検査が可能で今まで腎機能が基準値 より低く造影検査を行うことが出来なかった方も造影剤 を減量することで可能となることがあります。

④   TrueFidelity(次世代画像再構成法)・・・ディープラーニングを用いて開発された次世代画像再構成法で、大幅な被ばく低減と画質の向上を両立しました。

 CTでは金属が体内に入っているとその場所が金属の影響により周辺の臓器が見えなくなる場合がありますが、その影響を少なくすることができ、CT検査できちんとした評価の実施が可能です。
従来の CT の弱点とされていたことが改善し、より高精度の検査が可能になっています。


◎ CT検査をご依頼される先生方へ

下記ファイルをダウンロード頂き、必要事項を記入のうえ患者様へお渡し下さい。

★ CT検査依頼書 【エクセル】【PDF】
★ CT(単純)検査予約確認表 【エクセル】【PDF】(患者様へお渡し下さい)
★ CT(造影)検査同意書・問診+予約確認表 【エクセル】【PDF】(予約確認表は患者様へお渡し下さい)

○CT造影検査についてお願い
・検査日より半年以内での血清クレアチニン値の確認をお願いしております。
・造影検査を希望の場合でも、腎機能不良・アレルギー・喘息等の既往歴によってはお断りさせていただく場合があります。ご了承下さい。
・検査前絶食時間は6時間で検査を施行しております。

○冠動脈CT検査について
・当院でも検査可能です。しかし、検査の際にβブロッカー等を使用しますので、まずは当院循環器内科へのコンサルトをお願いしております。ご協力お願い致します。


MRIについて

当院では、PHILIPS社のIntera 1.5TとIngenia 3.0Tを稼働しております。Intera 1.5Tはペースメーカ対応・腹水・妊婦・体内金属・磁場酔い・小児撮影・音が小さい等の特徴があります。また 2013年5月1日より導入のIngenia 3.0Tは従来のIntera 1.5T MRI装置と比べSN比が高く高分解能になり、より細かい部位の観察が可能になります。また、ボア径が70cmと大きく圧迫感軽減になります。

◎ MRI検査をご依頼される先生方へ

下記ファイルをダウンロード頂き、必要事項を記入のうえ患者様へお渡し下さい。

★ MRI検査依頼書 【エクセル】【PDF】
★ MRI(単純)検査予約確認表 【エクセル】【PDF】(患者様へお渡し下さい)
★ MRI(造影)検査同意書・問診+予約確認表 【エクセル】【PDF】(予約確認表は患者様へお渡し下さい)

○MRI造影検査についてお願い
・検査日より半年以内での血清クレアチニン値の確認をお願いしております。
・造影検査を希望の場合でも、腎機能不良・アレルギー・喘息等の既往歴によってはお断りさせていただく場合があります。ご了承下さい。
・検査前絶食時間は6時間で検査を施行しております。


PET/CTについて

当院では、2013年12月17日よりGE社製のPET/CT装置「Discovery PET/CT 610」を稼働開始しております。
がんのPET検査は、病巣が悪性か良性かの診断、転移がないかどうか、治療後の再発がないかどうか、病巣が治療に反応しているかどうかを調べることができ、治療法や治療範囲を決定するのに大変役立ちます。

適応条件

①   悪性腫瘍の病名が確定している。
②   他の画像診断(CT,MRI,RI,Echo等)が3ヶ月以内に実施されている。また他の画像診断により病気診断、転移、再発の診断が確定できない患者。
③   同月内にガリウムシンチが行われていないこと。
④   病理診断は必須。但し病理診断による確定診断が得られなかった場合については、高い蓋然性をもって悪性腫瘍と診断した上で鑑別診断目的にて保険適応となります。
⑤   早期胃がんは適当外となります。


検査の流れ(検査枠 最大6名/日)

①   更衣
②   問診(検査説明・身長/体重の測定・血糖値の測定)
③   ルート確保し18F-FDGの投与
④   待機室(約45分)
⑤   排尿・Early撮影
⑥   待機室(約45分)
⑦   排尿・Delay撮影
⑧   検査終了


撮影画像の内容

〈early〉

CT(Ax)軟部、肺野
・PET(Ax)
・fusion(Ax,Co)
・MIP(10°毎で1回転)
・肺野条件fusion(Ax)
・SUV(max,ax,std,体積)
・頭部fusion(必要に応じて)

〈delay〉

・CT(Ax)軟部
・PET(Ax)
・fusion(Ax,Co)
・MIP(10°毎で1回転)
・SUV(max,ax,std,体積)

◎ PET/CT検査をご依頼される先生方へ

下記ファイルをダウンロード頂き、必要事項を記入のうえ患者様へお渡し下さい。

★ PET/CT検査依頼書 【エクセル】【PDF】
★ PET/CT検査問診票+予約確認票 【エクセル】【PDF】(予約確認表は患者様へお渡し下さい)


RIについて

当院では、2015年11月04日よりGE社製のRI装置「Discovery NM/630」を稼働開始しております。
この検査は、患者さんに放射線医薬品を投与し、しばらくして、投与された放射線医薬品が目的とする臓器や組織に集まったところを、ガンマ線を検出するガンマカメラで体外から撮影します。検査中は、ベッド上で静かに仰向けになっていただくことになります。
撮影された画像からは、体内臓器の位置、形状、サイズの情報が得られます。重要なのは臓器の血流と機能(働き)についての情報で、他の臨床検査ではわからない貴重なデータになります。

下記に当センターで実施している検査一覧を提示します。

検査名

核種

検査時間

前処置

☆骨シンチグラフィー

Tc-99m

注射⇒(3時間)⇒撮影(1時間)

特になし

☆心筋運動(薬剤)負荷シンチグラフィー

TI-201

注射&撮影(1時間)⇒(4時間)⇒撮影(1時間)

前日21時より絶食

☆センチネルリンパ節シンチグラフィー

Tc-99m

注射&撮影(1時間)⇒(3時間)⇒撮影(1時間)

特になし

脳血流シンチグラフィー(安静)

Tc-99m

注射&撮影(1時間)

特になし

脳血流シンチグラフィー(安静+負荷)

Tc-99m

注射&撮影(2時間)

特になし

☆ドパミントランスポーターシンチグラフィー

I-123

注射⇒(3時間)⇒撮影(1時間)

特になし

肝アシアロシンチグラフィー

Tc-99m

注射&撮影(1時間)

前日21時より絶食

唾液腺シンチグラフィー

Tc-99m

注射&撮影(1時間)

特になし

肺血流シンチグラフィー

Tc-99m

注射&撮影(1時間)

特になし

腎シンチグラム(MAG3)

Tc-99m

注射&撮影(2時間)

特になし

腎シンチグラム(DTPA)

Tc-99m

注射&撮影(2時間)

特になし

☆腎シンチグラム(DMSA)

Tc-99m

注射⇒(3時間)⇒撮影(1時間)

特になし

副腎シンチグラフィー

I-123

注射⇒(6時間)⇒撮影(1時間)⇒(18時間)⇒撮影(1時間)

特になし

☆MIBG心筋シンチグラフィー

I-123

注射&撮影(30分)⇒(3時間)⇒撮影(30分)

特になし

☆甲状腺シンチグラフィー(123I)

I-123

投与⇒(3時間)⇒撮影(1時間)⇒(21時間)⇒撮影(1時間)

ヨード制限1週間

甲状腺シンチグラフィー(99mTc)

甲状腺摂取率測定

Tc-99m

注射&撮影(1時間)

特になし

副甲状腺シンチグラフィー

Tc-99m

注射&撮影(1時間)⇒(3時間)⇒撮影(1時間)

特になし

☆は午後から撮影があるもの。                                                       


◎ RI検査をご依頼される先生方へ

下記ファイルをダウンロード頂き、必要事項を記入のうえ患者様へお渡し下さい。

★ RI検査依頼書【エクセル】【PDF】
★ RI検査予約確認票 (患者様へお渡し下さい)【エクセル】【PDF】


予約方法

お電話にて予約センターへご連絡下さい。【受付時間(月~金) 8:30 ~ 17:00】
予約センター・・・ ℡(0966)22-1900 / FAX(0966)22-7879

〇検査種・希望日・検査内容・患者氏名・生年月日等必要事項をご連絡下さい。


受診手順

1.   検査当日
☆各検査申込書・同意書に必要事項を記載の上、患者様にお渡し下さい。

<持参物>
①情報提供書(各種検査依頼書)
②同意書(※CT・MRI造影検査時)
③検査問診票(※PET-CTのみ)
④予約確認表
⑤保険証

予約時間の30分前には、本館棟1階受付『はじめての方』までお越し下さい。
※当院では外来患者呼出システムを採用しております。検査時刻まで院内どこでもご自由にお過ごし頂けます。

2.   検査結果報告

検査終了後は、当院から紹介医療機関様へご報告いたします。
画像診断報告書及びCD-Rを郵送いたします。

※当院はフィルムレス運用となっております。検査画像におきましてはCD-Rでの返送にご協力をお願い致します。
※検査画像の当日お渡しも可能です。スタッフにご相談下さい。(但し、3D画像作成を除きます)

PageTop