病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
感染管理指針
医療安全管理指針
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

脳神経外科

診療の目標

迅速な診断と人に優しい適切な治療

 

診療の特色

脳卒中

*脳梗塞、脳出血
脳梗塞に対する超急性期治療として、その条件に応じてPA静注療法および血栓回収療法を行っています。脳出血に対しては、速やかな降圧治療と状態に応じて開頭血腫除去術を行います。いずれも急性期治療の方、早期よりリハビリを開始し状態安定後にはリハビリ病院へのスムーズな転院を行います。

*くも膜下出血
搬入後状態により緊急で血管造影検査、手術をスムーズに施行できる体制を整えています。

*未破裂脳動脈瘤
手術適応を十分に検討し、動脈瘤ネッククリッピング術を行います。なお、前方循環系の脳動脈瘤に対しては、皮膚切開6㎝、開頭範囲3㎝×4㎝の小開頭手術を行っています。

*頚部内頚動脈狭窄症
内頚動脈血栓内膜除去術(CEA)を行っています。

頭部外傷

特に多発外傷の例が多く、当院整形外科・外科のスタッフとともに協力し緊急対応を整えています。

*慢性硬膜下血腫
症候性の場合は、緊急的に手術加療します。

脳腫瘍

当院で対応できる治療は当院で施行しています。但し、手術に長時間を余儀なくされ術中のモニターや管理に多くの注意を要するような症例は、熊本大学病院脳神経外科にお願いしています。術後安定した後、当院へ転院・リハビリや維持療法を行っています。
また、症例によりガンマナイフなどの放射線療法を紹介しています。

手術後に放射線治療や化学療法を要する神経膠腫という脳腫瘍は、熊本大学病院脳神経外科へ紹介します。

機能的脳神経疾患

片側顔面麻痺、三叉神経痛に対する神経血管減圧術を行っています。

外来

脳卒中や頭部外傷、てんかんなどの救急症例および入院や術後管理などを2名の脳外科医で24時間365日の対応を行っています。したがって、術後症例や特殊症例を除き、当科での外来かかりつけは原則行っておりません。近隣のかかりつけ医への引き継ぎ加療を依頼しています。
予防医療センターでの脳ドックを通して、脳卒中の予防についても力を入れています。

地域連携

さらなる地域連携の強化のため、脳卒中地域連携ネットワークの構築を進めてまいります。

 

主な検査機器

CT, MRIにより特に脳梗塞超急性期の診断にとってより迅速、詳細な情報が得られる。
ヘリカルCTによる、3次元脳血管撮影により脳動脈瘤、閉塞病変の同定が可能。
脳血管撮影(DSA, conventional)。

 

手術実績


2020年 手術症例 件数
脳動脈瘤頸部クリッピング 21
開頭血腫除去術 17
穿頭血腫除去術 58
開頭腫瘍摘出術 9
動脈血栓内膜摘出術 4
穿頭脳室ドレナージ術 8
動脈形成術、吻合術 4
頭蓋内微小血管減圧術 5
その他 20
脳梗塞超急性期治療(tPA) 19
脳梗塞超急性期治療(血栓回収) 9
総計 174
 

スタッフ

牟田 大助(部長)
医学博士
[専  門]脳神経外科全般
[所属学会]日本脳神経外科学会総会(専門医)
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会(専門医)
脳卒中の外科学会

 
原田 圭輔(医員)
[所属学会]日本脳神経外科学会

 

脳神経内科

人吉・球磨地方の総合病院として近隣の診療所、病院の先生方と協力・連携をさせていただきながら、診療に取り組んでいます。

診療の特色
脳神経内科では、①パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの変性疾患、②多発性硬化症等の脱髄疾患、③脳梗塞などの脳血管障害、④頭痛、⑤てんかんなどの神経疾患全般にわたり診療を行っております。脳神経内科非常勤の医師1名で外来診療を行っています。

その他 詳しいご連絡先

人吉医療センター 予約センター
(紹介状有り) Tel:0966-22-1900
(紹介状無し) Tel:0966-22-7878

スタッフ

内野 克尚(非常勤)
[専  門]脳神経内科全般
[所属学会]日本神経学会(専門医)
神経治療学会
日本遺伝子治療学会
日本内科学会(認定医)
PageTop