病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ
感染管理指針
医療安全管理指針
診療実績・臨床指標
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

薬剤部

平成24年に新設された病棟薬剤業務実施加算は薬剤師が病棟に常駐することによるチーム医療と医療安全を期待するものです。このような診療報酬改定をみても病院薬剤師への期待が大きいことがわかります。当院で病棟薬剤業務実施加算の算定を開始して7年半が経過しました。薬剤科の年間目標の柱は医療の質への貢献です。入院患者、外来患者において薬物療法の安全確保と治療効果の向上を目指し業務を行ってきました。
医薬品安全使用に基づく業務手順のもと、処方監査、調剤、がん化学療法の実施等を行いました。業務実績は次に示しています。

2021-yakuzai01
2021-yakuzai02

当院では熊本県では取り組んでいる病院は少ない外来業務にも力を入れ、充実を図っています。薬剤師外来は外来化学療法の支援ばかりでなく複数の診療科からの依頼も受け、各診療科の支援も行っております。業務の内容としては抗がん剤治療についての説明と処方代行入力、患者の状態確認から処方提案、副作用の確認を中心に行い薬剤師が行った支援内容の評価を合わせて行っています。更に、外来患者における薬物療法の安全と効果の向上については保険薬局との連携は欠かせないものがあります。保険薬局においては、患者の服薬状況を一元的に管理し、調剤時のみならず服薬期間を通じた指導、管理が求められています。そのためには病院に勤務する薬剤師が情報提供等を行うことで保険薬局薬剤師と一体となって管理を行う必要があります。平成30年度はそのような情報の共有を目指し連携シートを作成し運用の開始に取り組みました。

2020年 各科診療科支援件数
診療科 件数
外科 1971
呼吸器内科 174
泌尿器科 153
整形外科 142
総合診療科 115
血液内科 93
産婦人科 88
脳外科 21
消化器内科 17
歯科 16
耳鼻咽喉科 12
代謝内科 7
皮膚科 6
循環器内科 3
眼科 1
その他 19
合計 2838
 

専門性の向上

専門性の向上を積極的に支援しています。

現在の各種認定制度による認定薬剤師

がん化学療法認定薬剤師 1名
日本医療薬学会認定薬剤師 1名
認定実務実習指導薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 5名
NST専門療養士 1名
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 10名

化学療法 レジメン

PageTop